残業代がいくらなのか分かりません。どうしたらいいですか?

Question

Question_person

会社から残業代をもらっていません。ですが、自分の残業代がいくらくらいになるのか、まったく分かりません。残業代がいくらから分からない場合は、どうしたらいいのでしょうか?

Answer

Answer_person

発生している残業代の金額は、その方の賃金の額や残業時間、未払いの期間によって大きく異なります。

賃金の額が高い方、残業時間の多い方、未払い期間の長い方は残業代が高額になりやすい傾向にあります。

残業代がいくらかわからないときには、以下のようにして計算しましょう。

【計算式】
1時間あたりの給与額(月給÷月平均所定労働時間)×残業時間×割増率

割増率は、1日8時間、1ヶ月40時間の法定労働時間を超えて働いたら1.25倍、深夜10時から翌朝5時前の深夜労働のケースで1.25倍、法定休日労働のケースで1.35倍となります。

たとえば1時間あたりの給与額が3000円の方が1ヶ月に30時間残業したら、未払い残業代は3000円×30×1.25倍=11万2500円となります。

ですが、変形労働時間制が適用される場合や、1時間当たりの給与額を算出するにあたってどこまでを計算の基礎に含めてよいか判断に窮するなど、残業代の計算が困難な場合もあるでしょう。

そのような場合、弁護士であれば法的に正しい計算をすることができます。
ご自身の残業代が分からない方は、弁護士にご相談ください。

弁護士へのご相談前に、おおよその残業代を簡単に知りたい方は、残業代チェッカーをご利用ください。

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながら、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった場合の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。もちろん残業代請求に限らず、その他の労働トラブルや離婚、相続、自転車事故、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

ご自身、そして家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険に無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・214

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP