長時間労働を、安全配慮義務違反で訴え、慰謝料を貰えますか?

Question

Question_person

毎月120時間以上残業がある会社で働いています。近々、退職をする予定ですが、今までの残業代をもらうことと合わせて、安全配慮義務違反で訴え、慰謝料を貰うことはできますか?

Answer

Answer_person

長時間労働を強いられた結果、労働者の体調や精神状態に支障を来し、精神的苦痛を受けたと言える場合には、慰謝料を請求することができる可能性があります。

会社には労働契約に基づいて、労働者の安全に配慮すべき義務があります。

それにもかかわらず長時間労働を強いて労働者が心疾患や脳疾患になったりうつ病になったりすると、会社は、発生した損害についての賠償責任を負います。その中には慰謝料も含まれます。

ただし、労働者が会社に慰謝料請求するには、精神的苦痛を受けたことや、長時間労働と損害との因果関係を立証することが必要です。
長時間労働はしていたけれども特に体調を壊すこともなかったという場合には、慰謝料請求は困難であり、未払い残業代のみを請求することとなるでしょう。

長時間労働でお悩みの方は、まずは弁護士へご相談ください。

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP