長時間労働が原因で、夫が死亡しました。過労死で会社を訴えることはできますか?

Question

Question_person

夫は毎日長時間労働を会社に強いられていました。ある日、仕事中に倒れたとの連絡があり、そのまま死亡しました。長時間労働による死亡(過労死)で会社を訴えることはできますか?

Answer

Answer_person

会社が長時間労働を強いていたために労働者が死亡した場合には、労働者の遺族は会社を訴えることができる可能性があります。

会社と労働者との間には雇用契約が成立しており、会社はこの契約にもとづいて労働者の安全に配慮すべき義務(安全配慮義務)を負います。

それにもかかわらず、会社が労働者の生命に危険を及ぼすような働き方をさせると、「安全配慮義務違反」となるからです。

ただし、遺族が会社に損害賠償請求するためには「長時間労働と死亡」の因果関係を証明する必要があります。
ご遺族のみでは、損害賠償請求を行うための有効な証拠の集め方などがわからないケースも多く、会社との交渉も難しくなります。

まずは当事務所の弁護士までご相談ください。

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP