みなし残業時間が月40時間くらいです。違法ではないのでしょうか?

Question

Question_person

みなし残業で、月40時間ほど働いています。月40時間もみなし残業というのは、違法にはあたらないのでしょうか?みなし残業時間に、上限はないのでしょうか?

Answer

Answer_person

法律では「みなし残業時間」に対する特別の規制はもうけられていません。
そのため、みなし残業時間を月40時間としても違法とは言えません。

ただし、みなし残業とは、単に毎月一定の時間の残業をしたとみなしてその分の残業代(みなし残業代)を含めた賃金を支払うという合意をしているに過ぎませんから、一般の残業時間についての規制が適用されます。

まず36協定を締結するときの原則的な残業時間の上限は、月45時間です。
特別協定を締結するとこれより多く残業をさせることができますが、その場合でも月100時間が上限となります。

また、特別協定を利用できるのは、あくまで臨時的に労働力が必要となるケースであり、常にみなし残業として月99時間などの長時間を設定して良いわけではありません。

みなし残業代を設定する場合には、基本給とみなし残業代を明確に区別する必要がありますし、就業規則等に明示する必要もあります。
また、みなし残業時間を超えて残業をした分の残業代については支払われなければならないため、今回のケースでは月40時間を超えた分の残業代は請求できます。

このような場合、まずは、弁護士にご相談をいただくことをお勧めいたします。

みなし残業制の場合の残業代請求について、詳しくはこちらのコラムをご覧ください。

【関連コラム】
みなし残業制(固定残業代制)であっても残業代を請求できる場合とは?

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながら、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった場合の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。もちろん残業代請求に限らず、その他の労働トラブルや離婚、相続、自転車事故、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

ご自身、そして家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険に無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・214

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP