残業時間に規制はありますか?

Question

Question_person

ニュースで、働き方改革法案により、残業の規制がされるという話を聞きました。具体的には、どのように残業の規制がされるのでしょうか。

Answer

Answer_person

2019年4月から、法改正によって残業時間の上限規制が厳しくなっています。

具体的には「36協定」によって取り決めることのできる残業時間に上限が設けられました。
従来は、36協定によって定められる残業時間の上限は月45時間、年360時間でしたが、「特別条項」によってそれより長く残業をさせることも可能でした。

今回は、以下のように法改正が行われました。

1、残業時間は、原則として月45時間、年360時間が上限
2、例外として、「通常予見することのできない業務量の大幅な増加等に伴い臨時的に必要がある場合」には、特別条項付36協定を結べば、残業時間の上限の延長が可能

ただし、「2」については、以下の基準を満たす必要があります。

■残業の上限時間に関する基準
(1)1ヶ月の「時間外労働」と「休日労働」の合計時間数は「100時間未満」
(2)連続する2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月、および6ヶ月のそれぞれについて、「時間外労働」と「休日労働」の合計時間数の1ヶ月あたりの平均時間は「80時間以下」
(3)1年の「時間外労働」時間数の上限は720時間以内
(4)原則である月45時間を超えることができるのは年6ヶ月まで

残業時間の上限規制に関しては、大企業は2019年4月から、中小企業は1年のみ猶予され、2020年4月からの施行となります。違反すると6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金刑に処せられる可能性があります。

働き方改革・残業時間の規制強化に関しては、以下のコラムで詳しく解説しております。合わせてご覧ください。

【関連コラム】
働き方改革による残業規制は本当に有効? 改正のポイントと問題点を解説

残業時間の上限における法的根拠を解説。上限を超えて働いた場合はどうなる?

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながら、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった場合の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。もちろん残業代請求に限らず、その他の労働トラブルや離婚、相続、自転車事故、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

ご自身、そして家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険に無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・214

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP