相談のタイミングはいつがいいですか?

Question

Question_person

残業が多すぎて、退職を考えています。どうせ辞めるなら、今までの残業代を取り戻してから辞めたいです。ですが、証拠は手元になく、いつ退職するかの話も具体的に決まっているわけではありません。このような状況でも相談して良いでしょうか?相談するタイミングはいつがいいですか?

Answer

Answer_person

退職時期が未定でも、将来残業代請求をお考えであれば、なるべくお早めに弁護士までご相談ください。

特に残業代の証拠が手元にそろっていないなら「退職前に」弁護士に相談されることをおすすめします。

残業代請求の証拠は会社側に偏在しており、いったん退職してしまうと、会社が任意に開示請求に応じない場合には、就業規則やシフト表、タイムカードやパソコンのログインログオフ記録などの証拠を入手しにくくなってしまうからです。

まずは弁護士にどういった状況かを説明して証拠の集め方を確認し、集められるだけの証拠を集めましょう。会社を辞めるのはその後にした方が、残業代請求を進めやすくなります。

証拠がそろっていれば、あとは弁護士が残業代を計算して会社に請求をするだけです。

弁護士であれば、証拠の揃え方や、請求するタイミング、退職までにしておくべきことについても、最適なご提案がご案内できます。
ぜひご相談ください。

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP