既に退職してしまい、手元に証拠が一切ありません。残業代請求はあきらめた方がよいのでしょうか?

Question

Question_person

残業代請求をしたいのですが、既に退職してしまい、手元に証拠が一切ありません。退職後なので、今から自分で残業をしていた証拠を集めることも難しいです…。残業代請求はあきらめた方がよいのでしょうか?

Answer

Answer_person

あきらめないでください!会社側から証拠を入手できる可能性があります。
残業代請求をするにあたっては、労働者側が、残業時間について主張・立証をしなければなりません。

残業時間に関する証拠としては、以下のようなものが挙げられます。
・タイムカード・IDカード
・パソコンソフト上の出退社記録
・メールの送受信記録
・定期券(Suicaなど)の利用明細の時刻

もっとも、これらの証拠がない場合でも、弁護士が、会社側と交渉することによって、労働時間に関する証拠を開示させることができたケースもございます。

裁判例でも、使用者は、労働契約上の付随義務として、労働者にタイムカードを適正に打刻させ、労働者からタイムカードの開示を求められた場合には特段の事情がない限り保存しているタイムカードを開示すべき義務を負うと判示されています(大阪地判平成22年7月15日労判1014号)。

手元に証拠がない場合でも、残業代請求をあきらめず、弁護士までご相談ください。

残業代請求に必要な証拠や対処法について、詳しくはこちらのコラムをご覧ください。

【関連コラム】
未払い残業代を請求するために必要な証拠とは? 退職後の対処法や時効についても解説

タイムカードの有無と残業代はどう関係するのか。残業代が出ない場合にとるべき方法

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

労働トラブルの備えに『弁護士費用保険』を

現職場でのトラブルが解決しても、トラブルが再発したり、転職先で労働トラブルに遭ってしまったりすることもあるでしょう。そんなときの備えに弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2500円で弁護士費用を補償

労働トラブルの中には、費用倒れになってしまう事件も少なくありません。また、弁護士費用を捻出できないがために依頼を諦めてしまうこともあるでしょう。そのような問題を解消するのが『弁護士費用保険メルシー』です。

弁護士費用保険メルシーは月額2,500円の保険料で、万が一トラブルに巻き込まれた際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。もちろん残業代請求だけでなく、ハラスメントや不当解雇、離婚、相続、自転車事故、子どものいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

追加保険料0円で、ご自身だけでなく家族も補償範囲となります。ご自身と大切な家族をトラブルから守るため、まずは無料の資料請求から承ります。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・069

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2500円で弁護士費用を補償

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP