会社の部長職です。部長職といっても実態は単なる中間管理職ですが、残業代は支払われないのでしょうか?

Question

Question_person

一応、会社の部長職なのですが、管理監督者ということが理由で残業代が払われていません。しかし、部長職といっても単なる中間管理職で、タイムカードで時間管理されていますし、人事権も一切ありません。管理監督者だから、残業代は支払われないのでしょうか?

Answer

Answer_person

法律上、管理監督者とは認定されず、残業代を請求できる可能性があります。

確かに、いわゆる管理監督者(労働基準法41条2号)には、基本的に残業代を支払う必要はありません。

しかし、近年、会社が管理監督者の制度を悪用し、名目的に管理職として残業代を支払っていないケースが問題となっています。

管理監督者に該当するか否かは、役職の名前とは関係なく、実質的にみて、労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的立場にある者といえるか否かにより判断されます。具体的な判断に際しては、

① 対象者の出退勤について規制があるか、ある場合はその程度
② その職務の内容が、ある部門全体の統括的な立場にあるか否か
③ 部下に対する労務管理上の決定権等について一定の裁量権を有しているか、
部下に対する人事考課、機密事項に接しているか否か
④ 当該対象者が管理監督者にふさわしい待遇を受けているか

などが考慮されます。

タイムカードで時間管理をされていれば、出退勤について自由度は低いと考えられますし、人事権がないとすれば労務管理の決定権について裁量がないと言えます。
したがって、管理監督者に該当しない可能性は高いと思われます。

管理監督者だから残業代が支払われないと説明がされていても、疑問に思われましたら、お気軽に弁護士までご相談ください。

閉じる
PAGE TOP