解決事例

2022年01月21日更新 同僚らと一緒に、複数名で残業代を請求!労働審判で、1人あたり最高額が550万円、合計で2700万円以上の残業代を取り戻せた

男性/50代
  • 労働審判
  • 集団訴訟
  • 残業代請求
  • 運送業
  • 50代|男性|運送業(長距離ドライバー)

  • 解決結果複数名で残業代請求を行い、合計で2700万円以上の残業代を獲得

ご相談に至った経緯

Aさんは、退職予定だった会社において、トラックの長距離ドライバーとして勤務しておりましたが、休憩時間をとることができず、勤務時間を超過することも日常的であり、長期間にわたって時間外労働に従事していました。

Aさんの勤務していた会社では、同僚らもAさんと同じような勤務体系でしたが、Aさんも同僚らも、誰も残業代が支払われていませんでした。
そこで、Aさんは、退職することをきっかけに、同僚らと一緒に残業代を請求できないかと考え、弁護士に相談しました。

ご相談内容

Aさんは、残業代請求が可能かどうかをご相談されました。
また、他にも同僚が数名いることから、同僚らと一緒に足並みを揃えて請求していけるかについて、ご相談されました。

弁護士は、Aさんが持参した資料を確認し、給与明細を確認して各種手当の性質を検討する等して、残業代の請求が可能かどうかの見通しを説明しました。
また、複数名での集団での請求についても、対応が可能であることを説明しました。

説明を受けたAさんと、その時一緒に来ていた同僚らは、弊所に対応をお願いし、その後、話を聞いた他の同僚らも、一緒に弊所に対応をお願いしてきました。

ベリーベストの対応とその結果

■会社側の主張と弁護士の対応


当初、会社側は、Aさんらに支払われている手当には、残業代も全て含まれており、未払はないとして、Aさんらによる未払の残業代請求を拒否しました。
Aさんらは複数名であることから、集団での訴訟も検討しましたが、Aさんらが早期の解決を望んでいることもあり、全員について、労働審判を申し立てることにしました。

■労働審判の状況


労働審判は、訴訟とは異なり、併合して一緒に扱うということはできないため、原則として、1件、1件、個別に審理されることになります。
今回も、Aさんらの担当裁判官は複数いました。
Aさんらは、足並みを揃えた同じ条件での解決も望んでいたことから、裁判官に事情を説明し、連絡をとりあい、同じ条件で話がまとまるように調整しました。

■結果


会社側は多数の裁判例等を根拠に、残業代はゼロになると主張してきましたが、それに対し、最新の判例を根拠に主張し、結局、1人あたりの最高額が550万円、合計で、2700万円以上の内容で和解することができました。

■解決のポイント


今回は、Aさんらの希望もあり、労働審判という手段にしました。
ベリーベストでは、労働審判でも訴訟でも、依頼者の希望にあわせて、今回のような複数名での集団訴訟等に対応することができます。

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながら、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった場合の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。もちろん残業代請求に限らず、その他の労働トラブルや離婚、相続、自転車事故、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

ご自身、そして家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険に無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・214

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP