解決事例

2021年11月08日更新 月100時間以上の残業をしているのに、残業代が全く支払われない!弁護士が強気に交渉し、670万円の解決金を得た

男性/30代
  • 残業代
  • 長時間労働
  • 飲食関連業
  • 営業職
  • 30代|男性|飲食関連業(営業職)

  • 解決結果670万円の解決金を獲得

ご相談に至った経緯

Mさんは、学校や幼稚園の給食を取り扱う会社で、営業等の仕事に従事していました。
勤務時間が非常に長い上、週に1回程度社長と宿泊をすることを命じられ、社長との宿泊時間を含めると1か月に100時間以上の残業をしていました。

また、上司から、不当に始末書を書かされる、すぐにやる必要のない業務を至急やるよう命じられる、不当に長時間の労働を強いられ、それを拒絶するとやめてもらって構わないと言われる等のいやがらせやパワハラにも遭っており、退職を検討していました。

ご相談内容

Mさんには残業代が全く支払われていなかったことから、残業代の請求とパワハラについての損害賠償請求を考え、ベリーベスト法律事務所に相談にいらっしゃいました。Mさんは

  • 管理監督者に当たるわけではなく、残業代が支払われないことについて法的な正当性はなさそうであったこと

  • 未払い残業代は数百万円単位に上る可能性が高いこと

  • を弁護士からご説明し、ご依頼いただくこととなりました。
    一方でパワハラの事実に関しては証拠に乏しかったため、ひとまずは残業代のみを請求していくこととなりました。

    ベリーベストの対応とその結果

    ■残業代の計算


    ベリーベスト法律事務所では、まずは残業代の正確な金額を把握すべく、会社に対して書面を送付し、就業規則やタイムカード等の資料を開示するよう求めました。
    会社から無事資料の開示を受けることができたため、弁護士において残業代を計算したところ、約760万円となりました。

    ■会社側からの提案


    会社側は代理人弁護士をつけて争ってきており、

  • 「営業手当」という名目で支払われていた賃金の一部が固定残業代の支払であること

  • したがって基礎時給の金額が異なる上に既払金が発生していること

  • 労働時間について、タイムカードに記載のある日はそのとおりとするが、(労働したにもかかわらず記載のない日があるため)記載のない日は所定労働時間とすべきであり、そのように計算すると57万円程度になるから、解決のために60万円なら支払う


  • と提案してきました。


    ■弁護士の対応


    これに対して、当方は、

  • 営業手当の一部が固定残業代の手当に当たることは契約書等からは読み取れないし、そのような説明も受けていないから到底認められない

  • タイムカードに打刻がない日の労働時間については、タイムカードに打刻がある日の平均の時間を始業時刻ないし終業時刻とすべきである

  • 社長との宿泊時間も労働時間に当たる


  • と反論をしました。
    会社はその後も同様の主張を維持しつつも、解決金として当初より若干増額した80万円を支払うことを提案してきました。

    Mさんとしては訴訟も辞さない覚悟でしたが、労働時間の主張に関しては会社の言い分にも理由がないではないと考えられたことから、会社の主張が認められた場合のリスクを正しく把握するため、以下のパターンでの残業代計算を再度行いました。

    ①:タイムカードが欠けていて、平均時間を入力しているところを所定時刻にするパターン。
    ⇒約684万円
    ②:①に加えて、社長との宿泊を削るパターン。
    ⇒約540万円
    ③:②に加えて、基礎時給について、営業手当の一部を固定残業代と扱うパターン。
    ⇒約50万円

    ③のパターンとなる可能性は低いと考えていたため、この計算結果から、訴訟に進んでも少なくとも540万円程度は獲得できると考え、強気に交渉を継続しました。

    ■結果


    会社も当初の提案に比べればかなりの譲歩をし、500万円を支払うとの提案をしてきましたが、上記の2のパターンの金額も下回ることから受け入れず、当方からの最終提案として、(内心は2~30万の譲歩であればするつもりで)700万円が支払われないのであれば訴訟提起をすると告げたところ、会社から670万円を支払うとの提案があったため、合意することとなりました。

    ■解決のポイント


    残業代請求事件では、たいていは複数の争点があるため、それぞれの争点について当方の主張が認められた場合と認められなかった場合の残業代の金額をきちんと把握した上で、その見込みを踏まえて獲得目標を設定し交渉に臨むことが重要です。

    本件でもそれを踏まえて粘り強く交渉したことから、高額の解決金を獲得することができました。

    残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

    残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
    ぜひお気軽にご相談へお越しください。
    弁護士

    残業代チェッカー
    残業代チェッカー

    弁護士費用保険のススメ

    今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

    追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

    何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながら、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

    ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった場合の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。もちろん残業代請求に限らず、その他の労働トラブルや離婚、相続、自転車事故、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

    ご自身、そして家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

    ベンナビ弁護士保険に無料で資料請求する

    提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・214

    追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

    弁護士による残業代請求

    閉じる
    PAGE TOP