解決事例

2021年10月21日更新 月160時間を超える残業で心筋梗塞で倒れ…命がけで働いた正当な残業代の支払いを求め、労働審判で400万円の残業代を得た

男性/50代
  • 残業代請求
  • 長時間労働
  • 運送業
  • 労働審判
  • 50代|男性|運送業(トラックドライバー)

  • 解決結果労働審判で和解し、残業代400万円を得た

ご相談に至った経緯

運送業で働くAさんは、トラックドライバーとして長年稼働していましたが、1か月の残業時間が160時間を超えるほど非常に過酷な労働を強いられていました。
このような生活を数年間続けた結果、あまりの長時間労働により、Aさんは心筋梗塞で倒れてしまいました。

緊急搬送され、病院で治療を受けた結果、Aさんは奇跡的に一命をとりとめましたが、これ以上過酷な就労を続けることができないと考え、退職することを決意しました。

ご相談内容

退職に当たって、残業代を請求しようと考えたAさんは、ベリーベストにご相談にいらっしゃいました。
会社に対する未練はもはやありませんでしたが、正当な残業代を得たいという気持ちは強く、妥当な数字を知りたいと希望されていました。

命がけで働いたため、きちんとした補償を受けたいというのはごく自然なことです。
また、働けない状態のため着手金の捻出が困難でしたが、ベリーベストでは残業代請求に当たって着手金が発生しないのでAさんとしても、ぜひ正式に依頼をしたいとのことでした。

そこで、ベリーベストがAさんのためにお手伝いをすることになりました。

ベリーベストの対応とその結果

まず、会社に対して、Aさんの勤務時間を示すタイムカードを開示させました。
そして、これを基に残業代を計算して会社に請求しました。

しかし、会社がなかなか返答をせず、時間稼ぎをしている印象であったため、すぐに労働審判を申し立てることにしました。
労働審判ではAさんの勤務実態が正当に評価され、高額の残業代が認められることになりました。

初回労働審判の場ですぐに会社と和解し、400万円の和解金を得ることができました。
スピーディかつ良い結果を得ることができ、Aさんやご家族からは大変感謝されました。

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP