解決事例

2020年10月09日更新 退職後に離職票が発行されない!残業代も貰っていない…弁護士の対応により、残業代300万円を得て、失業給付も受給できた

男性/40代
  • 残業代請求
  • 運転手
  • ドライバー
  • 離職票
  • 失業給付
  • 40代|男性|運送業・ドライバー

  • 解決結果交渉で300万円の残業代を得た。離職票も発行してもらい、特定受給資格者として失業給付も受給できた

ご相談に至った経緯

Aさんは、会社退職後に離職票が発行されなかったことや残業代が支払われていなかったことなど、会社の対応や給与の支払状況に疑問を持ち、弊所にご相談に来られました。

ご相談内容

Aさんのご相談内容は以下のとおりでした。

・残業代が発生しているか。
・発生しているとしたら、一体いくらの残業代が請求できるのか。
・失業保険給付との関係で離職票の発行請求できないか。

ベリーベストの対応とその結果

■残業代について
Aさんは、ご相談に来た際、タイムカードなどの残業代請求に必要な書類について何もお持ちではありませんでした。

そこで、弁護士から、会社に対し、Aさんから残業代等請求のご依頼を受けた旨の受任通知書を送付し、その際にタイムカード、就業規則、賃金規程や賃金台帳等の残業代の計算に必要な一切の資料の開示を求めました。

その後、会社にも弁護士が付き、弁護士を通じて、会社から上記資料が開示されました。
しかし、開示されたタイムカードはAさんの正確な労働時間を反映したものではありませんでしたので、弁護士は、Aさんから話を聞き、実際にAさんが働いていた時間を基に適正な残業代額を計算し、会社に対して、請求しました。

最終的には、Aさんが実際に働いていた時間を客観的に示す証拠がなかったため、Aさんの実際に働いていた時間には満たなかったものの、会社側が提出したタイムカード以上の時間をAさんが働いていたことを会社側が認めて、その分の残業代の支払を無事に受けることができました。

■離職票について
離職票については、本来であればAさんの退職後すぐに発行されてしかるべきものですので、会社に対してすぐに対応するように会社側の弁護士を通じて離職票の発行を求めました。

離職票は無事発行されたものの、離職の理由によって、失業給付の支払開始時期(待期期間)や失業給付の支払われる期間が異なりますので、Aさんが会社都合で退職した人(特定受給資格者)に当たるかどうかを検討しました。
そして、Aさんに対し、Aさんがどのような理由により特定受給資格者に該当するかを説明し、その旨をハローワークで話すようアドバイスしました。

その結果、Aさんは無事特定受給資格者として失業給付を受けることができました。

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

労働トラブルの備えに『弁護士費用保険』を

現職場でのトラブルが解決しても、トラブルが再発したり、転職先で労働トラブルに遭ってしまったりすることもあるでしょう。そんなときの備えに弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2500円で弁護士費用を補償

労働トラブルの中には、費用倒れになってしまう事件も少なくありません。また、弁護士費用を捻出できないがために依頼を諦めてしまうこともあるでしょう。そのような問題を解消するのが『弁護士費用保険メルシー』です。

弁護士費用保険メルシーは月額2,500円の保険料で、万が一トラブルに巻き込まれた際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。もちろん残業代請求だけでなく、ハラスメントや不当解雇、離婚、相続、自転車事故、子どものいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

追加保険料0円で、ご自身だけでなく家族も補償範囲となります。ご自身と大切な家族をトラブルから守るため、まずは無料の資料請求から承ります。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・069

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2500円で弁護士費用を補償

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP