解決事例

2020年04月07日更新 外回りの多い営業職。労働審判により、550万円の残業代を取り戻せました

男性/50代
  • 残業代請求
  • 労働審判
  • 50代|男性|営業

  • 解決結果労働審判により、550万円の残業代を得て解決

ご相談に至った経緯

Aさんは、営業の仕事をしていました。
外回りなどが多く、お客様の都合に合わせて朝早くから家を出て、帰りは夜遅くなることも多かったため、「未払いの残業代があるかもしれない…」と考えていました。

しかし、そんな日々を続けているうちに、Aさんは体を壊してしまいました。
会社に業務改善を訴えましたが、改善がなされるばかりか、もっときつい仕事をさせられるようになりました。
Aさんは退職を検討し、「退職するのであれば、今までの残業代もきちんと払ってもらいたい」と考るようになりました。

ご相談内容

Aさんは、「退職を考えている。退職する前に、未払いの残業代があるならば、会社に請求をしたい」と、弁護士に相談しました。
弁護士は、「まずは相手方からタイムカードなどの開示を求め残業代を計算する」として、本件を受任しました。

ベリーベストの対応とその結果

まず、未払い賃金の時効を止めるために、内容証明郵便で、未払い賃金の請求を行い、加えて、勤怠時間を知るために会社に対してタイムカード、就業規則の開示を求め、会社からタイムカード等を開示をしてもらいました。

相手方は、いわゆる大手会社のフランチャイズであったため、未払いの残業代は発生していない可能性が高いと思っていましたが、会社から開示された資料をもとに残業代を計算したところ、未払いの残業代が発生していることが判明し、相手方に残業代を請求しました。

本件は、交渉から労働審判を申し立てました。
労働審判で、お互い主張をして、話し合いを行いました。
最終的には、裁判官と労働審判委員の見解を踏まえて、和解に至りました。

Aさんは、550万円の残業代を取り戻すことができ、新しい生活をスタートすることができました。


■解決のポイント
本件は、裁判所からも残業代を支払うように言ってもらえたことが、解決のポイントであったと思います。

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP