サービス残業とは

サービス残業とは何を指すのか

サービス残業とは何を指すのか

世間では、よく「サービス残業」という言葉を耳にしますが、具体的にどんな意味かご存知ですか?サービス残業というのは、一般的に「賃金不払残業」のことをいうとされ、時間外労働や深夜労働、休日労働に対して、適切な賃金が支払われないことをいいます。

従業員の労働時間は、労働基準法で決められています。労働基準法によれば、会社は原則として、休憩時間を除いて、「1日8時間、1週間で40時間」(これを法定労働時間といいます)を超えて、従業員を働かせてはいけないこととされています(※1、2)。そして、会社が従業員をこれ以上働かせた場合には、時間外労働(つまり残業)といって、残業代を支払う必要があります。

時間外労働や深夜労働、休日労働などについての残業代は、通常の賃金よりも割増しとなります。その場合の割増率は以下のとおりです。

  • ※1 労働基準法32条 1項 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40?時間を超えて、労働させてはならない。2項 使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間 を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。
  • ※2 ただし1.商業 2.映画・演劇業 3.保健衛生業 4.接客娯楽業の場合で、常時労働者数が10人未満の場合は、1日8時間、1週間で44時間まで認められています。

残業代の賃金割増率

労働の種類 賃金割増率
時間外労働(法定労働時間を超えた場合) 25%割増
時間外労働(1ヵ月60時間を超えた場合)
※適用猶予の場合有
※代替休暇取得の場合は25%の割増無
50%割増
深夜労働(午後10時から午前5時までに労働した場合) 25%割増
休日労働(法定休日に労働した場合) 35%割増
時間外労働(法定労働時間を超えた場合)+深夜労働 50%割増
時間外労働(1ヵ月60時間を超えた場合)+深夜労働 75%割増
休日労働+深夜労働 60%割増

残業代請求に関するご相談は何度でも相談無料

残業代請求のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

残業代チェッカー
残業代チェッカー

労働トラブルの備えに『弁護士費用保険』を

現職場でのトラブルが解決しても、トラブルが再発したり、転職先で労働トラブルに遭ってしまったりすることもあるでしょう。そんなときの備えに弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2500円で弁護士費用を補償

労働トラブルの中には、費用倒れになってしまう事件も少なくありません。また、弁護士費用を捻出できないがために依頼を諦めてしまうこともあるでしょう。そのような問題を解消するのが『弁護士費用保険メルシー』です。

弁護士費用保険メルシーは月額2,500円の保険料で、万が一トラブルに巻き込まれた際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。もちろん残業代請求だけでなく、ハラスメントや不当解雇、離婚、相続、自転車事故、子どものいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

追加保険料0円で、ご自身だけでなく家族も補償範囲となります。ご自身と大切な家族をトラブルから守るため、まずは無料の資料請求から承ります。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・069

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2500円で弁護士費用を補償

弁護士による残業代請求

閉じる
PAGE TOP