menu

ベリーベスト法律事務所が選ばれる理由

弁護士に依頼するメリット

なぜ「1日でも早く」弁護士に依頼することが重要なのか?

残業代の時効は2年間です。
つまり、2年以上前の残業代については日々請求できなくなっているのです。
より多くの残業代を請求するため、「1日でも早く」弁護士に依頼することが重要となります。

なぜ「弁護士に」依頼することが重要なのか?

手のかかる証拠集め・整理を弁護士に任せることができる

残業代請求にあたっては、残業していたことを証明するため、事前に証拠を整理することが必要となります。しかし、最大2年間の残業を証明するための証拠の整理は非常に手間のかかる作業です。
弁護士に依頼することにより、このような手間のかかる作業を弁護士に任せることができます。

会社側からの法的根拠のない反論を封じることができ、残業代回収の可能性が高まる

残業代請求は弁護士に依頼せずとも不可能ではありません。 しかし、必ずしも法律的知識に精通していない従業員の方(または元・従業員の方)が請求しても、会社は以下のような「反論」をして、まともに取り合ってくれないことがほとんどです。

「給与体系が年俸制だから残業代は発生しない」
「すでに給与の中に残業代が含まれているから残業代を支払う義務はない」
「営業手当を支払っているから残業代は発生しない」

しかし、これらの反論は残業代を払わないことと無関係です。
つまり法律上、これらの事情があるからといって,ただちに残業代を支払わなくていい、ということにはならないのです。

法律のプロである弁護士が介入することで、上記の反論を封じることができます。 これにより、残業代回収の可能性が高まります。

実際に、ベリーベストの解決実績の中には、「自分でいくら請求しても払ってくれなかったが、弁護士が内容証明郵便を送った途端に払ってきた」という事例があります。

残業代を請求しても不利益はない?

ベリーベストに相談いただく方には、「残業代請求すると自分に不利益なことが起こるのではないか?だから依頼するのをためらってしまうんですが・・・」と悩まれている方が少なくありません。

しかし、残業代請求は従業員の正当な権利であり、請求したことが不利益になる、ということはありません。

実際に、解決事例をご覧頂ければ分かるように、多くの方に「請求してよかった」とご満足を頂いております。
今の会社に対して勤務し続けたまま不利益を受けずに残業代を請求し、実際に回収したご依頼者様もいらっしゃいます(体験談8のご依頼者様)。詳しくはご相談下さい。

営業時間9:30 - 21:00(平日)9:30 - 18:00(土日祝日)
残業代 何度でも相談無料!
不当解雇、労働災害の初回相談料60分無料!
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ