menu

残業代請求とは

残業代を計算しよう

残業代の計算方法とは

あなたは今まで、会社のために一生懸命働いてきたことと思います。本来、1日で労働時間が8時間を超えた分は、残業時間となって、会社に対して、割増賃金を請求できるはずです。

では、残業代の計算はどのようにすればよいのでしょうか。

月給制の会社では、原則的として、以下の計算式に当てはめることとなります(なお、厳密な計算は、会社の事業運用ごとで異なりますので、ご相談ください)
以下に該当する割増賃金の単価に、以下に該当する時間をかけて計算します。

計算式

割増賃金の単価=(基本給及び諸手当/1ヶ月の所定労働時間)×割増率

@基本給及び諸手当

但し、家族手当・通勤手当・別居手当・子女教育手当・住宅手当・臨時に支払われた賃金(結婚手当、慶弔金など)・1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など)などを除いたもの

@1ヶ月の所定労働時間

会社が独自に就業規則等で定めている労働時間
(月全体の日数-会社が定めている休日)×1日の労働時間?

@割増率
労働の種類 賃金割増率
時間外労働(法定労働時間を超えた場合) 25%割増
時間外労働(1ヵ月60時間を超えた場合)
※適用猶予の場合有
※代替休暇取得の場合は25%の割増無
50%割増
深夜労働 (午後10時から午前5時までに労働した場合) 25%割増
休日労働(法定休日に労働した場合) 35%割増
時間外労働(法定労働時間を超えた場合)+深夜労働 50%割増
時間外労働(1ヵ月60時間を超えた場合)+深夜労働 75%割増
休日労働+深夜労働 60%割増

残業代の計算例

Aさん写真

具体例

Aさん
勤務時間:平日 9:00~18:00(休憩1時間)8時間勤務
基本給及び諸手当(除外賃金を除いて):20万円
休日:土日+祝祭日

ある月、Aさんが 、平日の午前9時から午後11時まで毎日勤務していたとすると、残業代は…?

(その月は、全体日数が30日で、土日祝日が9日あったとします。また所定労働日数は毎月同じとします。)

この場合、時間外労働に当たるのは、午後6時から午後11時までの5時間(法定労働時間の時間+休憩1時間を除いた時間)

深夜労働に当たるのは、午後10時から午後11時までの1時間です。

時間外労働の単価:1488円(計算の便宜上、円未満の端数は切り捨てます。)

割増賃金の単価={20万円/(30日-9日)×8時間}×1.25

深夜労働の単価:1785円(計算の便宜上、円未満の端数は切り捨てます。)

割増賃金の単価={20万円/(30日-9日)×8時間}×1.50

残業時間を掛け合わせると・・・

1488円×4時間=5952円
1785円×1時間=1785円

1日7737円の未払い
1ヶ月だと7737円×平日分(21日)=16万2477円

も未払いが生じていることになります。

営業時間9:30 - 21:00(平日)9:30 - 18:00(土日祝日)
不当解雇、残業代、労働災害の初回相談料60分無料!
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ