menu

残業代請求体験談

体験談3 男性

体験談3

証拠がなくても大丈夫…?

永吉 和友(仮名)様(男性)
年齢:31才
職業:システムエンジニア

※守秘義務に照らし、内容を抽象化しています。

わたしの会社に以前に勤めていた人が、会社を辞めた後に会社に残業代を請求したら、支払ってもらえたという話を聞いたため、今回、わたしも退職を機に請求してみようと思いました。
その人は、自分で交渉したようですが、わたしは、そんなに気が強くないので、自分ではできないなと思って、ネットで情報を集めました。

ネットで検索したところ、ベリーベスト法律事務所のHPで相談が無料とのことだったので、とりあえず電話してみました。
弁護士というと格式ばったイメージでしたが、電話に出てくれる担当者の女性も、面談でお会いした弁護士の先生も、同世代だと思われましたが、親しみやすく、リラックスして接することができましたので、そのまま依頼することを決めました。

最初、弁護士の先生が、電話で会社と交渉してくれたところ、会社は、「給与明細に書いてある住宅手当の5万円を残業代として支払っていたのだから、未払いの残業はない」とのことでした。
わたしは、入社以来ずっと住宅手当は住宅手当だと思っていたし、百歩譲って5万円は残業代だったとしても、もっともっと働いていたと思い、納得いきませんでした。

弁護士の先生からは、「残業代が手当として、既に支払われている可能性は確かにあるが、そういった場合には就業規則や労働契約書で定めているかどうかが争点になる。ただし、基本的に住宅手当として支払っているというものが残業代とされていることはほとんどないのではないか」と言われました。
わたしは就業規則のコピーも労働契約書も持っていないので、会社の言うことを飲んで、5万円を残業代として、本来働いていた残業代全額と、その5万円との差額を請求していくか、5万円は残業代ではないとして、全額を請求していくかを弁護士の先生と電話で何度も相談しました。

最終的には、「訴訟で相手方に就業規則や労働契約書を提出させて、住宅手当は残業代ではないことを主張しましょう。」との力強い言葉を聞いて、人生で初めて、裁判になりました。

わたしは、残業代を請求した会社を転職した後、次の職場でも、忙しく働いていました。そんな状態でも、弁護士の先生や、担当の事務の方が、裁判の書類をメールにデータを添付して送ってくださったので、密に連絡を取れて安心でした。

今回、最初にお願いしてから、裁判が終って、残業代をもらうまで約1年かかりましたが、裁判では、争点だった住宅手当の5万円が残業代ではなかったことを認められ、こちらの請求に沿った形での解決となりました。
ですが、納期の前などは、連日タクシーで帰るのが当たり前の生活で、仕事に本当に疲れきっていたので、最後に、退職金がわりのように、300万円も残業代を取り戻せて本当に嬉しいです。

また、余談ですが、残業代を請求した会社に残っている同期に聞いたところ、わたしが、裁判をしたおかげで、SEにも残業代を出すようになったということです。残っている仲間のためにもなったかな、と少し誇りに思います。


営業時間9:30 - 21:00(平日)9:30 - 18:00(土日祝日)
不当解雇、残業代、労働災害の初回相談料60分無料!
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ